LINE証券は手数料無料!口座開設完了までかかる日数、株主優待はもらえるの?

2019年8月20日、LINE証券がAndroid版がスタートし、8月26日にはiphone版もスタートしました。

口座開設までどれくらいかかるのか、入金方法、LINEポイントやLINEボーナスは使えるのか、株主優待はもらえるのかなど、気になる点は多いですね。

この記事では取引にかかる手数料や他の証券会社との違い、特徴を伝えていきます。

 

 

LINE証券で手軽な投資ができるその特徴

LINE証券は「金融の民主化」をテーマに従来堅苦しい、難しいといったイメージの強い投資のイメージを壊し、金融サービスをわかりやすくすることを目的にしています。

そのため、LINE証券には他社とは異なるいくつかの点があります。

LINE証券の特徴
■ 「LINE」から最短約3分で口座開設申し込み可能
■ 「LINE」から6タップで取引可能
■ 平日21時まで即時注文/即時約定
■ 厳選した日本企業100社を1株から購入可能
■ 1株数百円から、3,000円以下で買える銘柄が多数
これらの特徴はいずれも投資を手軽に、身近にするものであります。
まず、ほとんどの人がインストールしているLINEアプリから簡単に口座開設が可能なこと、株取引も可能なことは従来の証券会社とは一線を画する始めやすさといえます。
通常、株の取引時間は9時から12時、13時から15時までになっていますが、LINE証券では21時まで取引が可能で、昼休み時間の12時から13時も取引が可能です。
また、株の取引は1株単位で行うことができます。通常100株単位でしか株の取引はできないため、投資には大きな原資が必要になりますが、LINE証券では1株から取引が可能なため、1万円もあればほとんどの株を購入することができます。
また、取引できる国内株式はLINE社が厳選した上場100社。トヨタやマクドナルド、ZOZOなど、誰もが知っている会社が対象になっているため、投資を身近に感じることができます。
また、LINE証券の証券口座の種類は「特定口座(源泉徴収あり)」のみとなっていて、確定申告が不要な口座になっているのも手軽さのひとつです。
現在、NISA口座やつみたてNISA口座は開設できませんが、今後利用を可能にすることを検討すると発表されています。

口座開設申込はすぐできるが、取引開始までは数日かかる!

口座開設の申し込みは約3分、LINEのアプリから簡単に行うことができます。
ただ審査が完了して口座を開設、実際に取引を開始できるのは数日後になります。
すぐに取引ができるわけではないので注意しましょう。
私は8月20日(火)の夜に口座開設の申し込みをして26日(月)に口座開設完了のはがきが届きました。
書類に不備がなければ、だいたい4営業日以内には審査は完了するようですね!
口座開設完了のはがきにはQRコードが印刷されていて、それを読み込むことで口座開設が完了します。

手数料は無料だがスプレッドはあり!

一般的な証券会社では、株の取引ごと、金額に応じて手数料が100円~数千円かかります。
LINE証券では、この売買ごとにかかる手数料が無料になっています。
もちろん口座の開設、維持するのも無料になっています。
ですが、買付価格と売却価格にスプレッドと呼ばれる差が設けられていて、実質株取引にかかる手数料のようなものになっています。
ざっくりとしたイメージですが、たとえば400円の株なのに、401円で買って、売るときは399円になってしまう、といったイメージです。
このスプレッド幅は固定されたものではなく市場や個別株の急変時や流動性が低下している状況などはスプレッドは拡大される可能性があります。
実際の取引でのスプレッドはというと、たとえば夜間(証券取引所の終了後)だと、楽天の株価が994円のときにLINE証券で楽天の株を買うには1,004円必要になり、買った株を売るときは984円になってしまいます。
【画像2019年8月27日 20時30分取引時点(株価は同日終値)】
手数料の安いネット証券会社では10万円未満では100円前後、50万円未満でも200円前後であることが多いです。
スプレッドは上記の通り実質手数料と同じ性質ですので、LINE証券の夜間の取引だと1,000円の株の取引で20円の手数料、100株買った場合は100倍の2,000円の手数料となり、多額の取引をするには手数料はかなり高めであるといえます。
日中の取引だと、スプレッド幅はもう少し小さく、翌日の日中ではスプレッドは5円未満になっていました。
注意書きに書いてある通り、株価変動のリスクに応じてスプレッドは大きく変わるようです。

入金・出金方法は?LINEボーナスは使えるの?

LINE証券への入金方法は以下の2つの方法が用意されています。
LINE Payからの入金
・入金専用口座への振込
LINE Pay残高からの入金は手数料無料で入金が可能ですが、入金専用口座への振込は振り込み手数料がかかります。
LINE Payへの銀行口座からの入金は無料ですので、LINE証券への入金はLINE Payを通して入金するのが良さそうです
出金も同様にLINE Pay残高への出金か、本人名義の銀行口座に出金することが可能です。

LINE PayのLINE Payボーナスは使えるの?

LINE Payから入金する場合、LINE Pay残高のみが使えて、LINE PayボーナスやLINEポイントは使えません
LINEポイントはLINE残高に交換することができるので、一手間加えることでLINE証券に入金できますが、LINE Payの支払いでもらえるLINE PayボーナスはどうやってもLINE証券には入金できません
楽天証券では楽天スーパーポイント(通常ポイントのみ)を株式・投資信託の購入に使えますので、これは少し残念な点になりますね。

配当金や株主優待はもらえるの?

LINE証券で株を購入した場合も、配当金や株主優待をもらうことが可能です
配当金は企業が決めた1株あたりの配当額を所有株数に応じてもらうことができますし、株主優待は企業が定める所定の株数以上を持っていればもらうことができます。
株主優待を用意している多くの企業は1単元と呼ばれる100株以上の株所有者を対象にしていることが多いです。
お客様が保有する株式の名義はお客様ご自身の名義となり、お客様の保有株数に応じて、配当の配分や株式分割の割当てが発生します。
(中略) また、株主優待については、銘柄により必要株数等の条件が異なる場合があります。
LINE証券:取引ルール(https://terms2.line.me/LINESecurities_trading_rules)より

まとめ

LINE証券は「初心者が取っかかりやすいこと」に特化しています。
使い慣れたLINEアプリから、少額で、取引できる時間も幅広く、とにかく今まで投資に触れたことがなかった人が取り付きやすくなっています。
ただ、手数料は無料ですがスプレッドが導入されていて、100株単位での取引を考えると手数料は他の証券会社に比べると若干高めになってしまいます
1株単位での取引をするわけではなくて、1単元(100株)以上の取引をするには通常のネット証券での取引が手数料が安く済みそうですね。
老後2000万円問題で大衆が投資に興味を持っているところに、初心者が取っ付きやすい投資方法を出してくるLINE社はさすがですね。
LINE証券は手軽な投資を求めている人にとって、これ以上はない証券会社といえます。
日本経済新聞

LINE傘下のLINE証券(東京・品川)は20日、スマートフォン向けの投資サービス「LINE証券」を始めたと発表した。個…